火曜日, 9月 21
Shadow

タグ: 需要

需要が高まっている介護福祉士の存在

介護職の資格には、主要なものだけでも初任者研修や実務者研修、介護福祉士があり、他にも民間資格を挙げていくと枚挙にいとまがありません。ただ、その中でも特に必要性が高まっているのが明らかなのが介護福祉士です。 介護福祉士は、大学などで福祉について学んだ人や介護現場で経験を積んで初任者研修と実務者研修を修了した人が国家試験を受けて取得できる高度な資格です。この資格の需要が伸びているのは、介護施設を運営する上で一人以上は設置しなければならなくなったからというのが大きいでしょう。ただ、それ以前から必要とされていたのも確かで、現場のリーダーとしての介護福祉士が求められています。 介護の需要が高くなっている影響を受け、規模が大きい介護施設も増えてきました。現場で働く介護職員の人数もだんだんと増えてきており、その全体を統括することが必要になってきています。 また、未経験者も含めて人材を獲得している現場が多く、仕事をしながら教育していくことが求められているのが実態としてあります。このような現場の統括と人材の教育を担うリーダーがいなければ、必然的に全体のコントロールは利かなくなってしまいます。適切な現場管理を行い業務効率を向上させるためにも、知識が豊富で経験を積んだ介護福祉士が必要になっているのです。 実際、介護福祉士を増やすためには、介護福祉士の待遇を上げることが先決だといえます。そのため、今後は介護業界の統率を取るために、国全体をあげて、介護福祉士の待遇改善の対策を取ることが求められるでしょう。...