月曜日, 6月 14
Shadow

資格

有資格者が享受できるメリット

介護職は、無資格でも就くことができますが、有資格者なら様々な点で優遇されます。まず、採用時には有資格者が優先的に選ばれるでしょう。介護現場では、高齢者など介護サービス利用者の身体に触れる身体介護が欠かせません。たとえば、食事や移動のほか入浴や排泄の介助がこれに当たります。こうした身体介護を行うためには、原則として介護職員初任者研修といった介護資格が必要なのです。 また、介護初任者研修のさらに上には介護福祉士実務者研修という資格があり、この資格は介護福祉士になるための前提条件の1つとされています。介護福祉士になるには、国家資格で、実務者研修を取得した後、国家試験に合格しなければなりません。介護現場において、このような有資格者は即戦力としてニーズが高く、優遇されます。そして、当然ながら給与面でも無資格者と大きな差があります。 そして介護福祉士は、一定期間の実務経験を経て事業所の責任者から認められれば、特定処遇改善加算の対象になります。特定処遇改善加算とは、薄給と言われる介護職の給与を改善するために全産業の平均年収まで介護福祉士の年収を近づけようという試みのことです。特定処遇改善加算の対象となった介護福祉士の中には、給与が月額数万円アップした人も珍しくありません。 さらに、介護福祉士の資格を取得すれば、ケアマネージャーの資格を取りキャリアアップを図ることも可能です。ケアマネージャーは介助業務には直接関わらず、利用者と面接しケアプランを作成し、適切な介護計画が実行されるかをチェックすることが主な職務になります。介護の知識と経験を存分に発揮できる職種であるため、介護のスペシャリストになりたい方はぜひ目指してみるといいでしょう。...